トップページお客さまへ給水工事(漏水修理工事)と排水設備工事 > 水道自費施行工事(承認工事)補助金

ここから本文

水道自費施行工事(承認工事)補助金


※承認工事とは、配水管等の設置申込みに伴う配水管の新設工事について、申込者が上下水道局の指示する要件に同意することを条件に、自費施工することをいいます。(承認工事で布設した配水施設は、工事完了後、上下水道局が維持管理を行うため、寄附して頂くことが条件となります。)


補助の対象となる工事

  • 開発行為等以外で、個人の住居(専用住宅)を新築、改築又は増築するために、当該個人が配水管等の設置申込みをし、かつ、当該住居に居住するとき。
  • 前記のほか、開発行為等以外で、個人が配水管等の設置申込みをする場合は、管理者が別に定める一定の使用量が見込めるとき。
  • 市内に本店がある法人が、開発行為等以外で、現に使用している作業場、資材置場等の敷地に配水管等の設置申込みをする場合で、管理者が別に定める一定の使用量が見込めるとき。
  • 既に給水を受けている給水管の所有者が、他人の土地に埋設されている給水管の布設替え、または道路に縦断方向に埋設されている給水管の布設替えのため、配水管等の設置申込みをするとき。
  • 給水管の所有者が、道路または私有地内に埋設されている共同給水管の布設替えのために、配水管等の設置申込みをするとき。

補助の対象とならない工事

  • 新たに給水を受ける申込者、または、既に給水を受けている給水装置の所有者が、その土地や住居を賃貸したり、売却する目的で配水管の新設、及び、その使用している給水管を配水管に布設替えするとき。
  • 新たに給水を受ける申込者が、法人の営業活動をする目的で配水管の新設をするとき。
  • 既に給水を受けている法人が、その使用している給水管を配水管に布設替えするとき。
  • 既に給水を受けている給水装置の所有者が、自ら居住する住居に給水しないで、その使用している給水管を配水管に布設替えするとき。
  • 既に給水を受けている給水装置の所有者が、その土地を分割する目的で、その使用している給水管を配水管に布設替えするとき。
  • 使用を廃止している給水管を配水管に布設替えするとき。

*詳しくは問い合わせください。


※承認工事が施工できる道路


  • 道路法(昭和27年法律180号)第3条に規程する道路(国道、県道、市道)
  • 国、神奈川県または横須賀市が管理する道路予定地
  • 建築基準法(昭和25年法律201号)第42条に規程する道路(2m以上)

(私有地の場合は、土地使用承諾書、公図、登記簿謄本の提出が必要となります。)


補助を受けることができる方


  • 補助の対象となる工事に要する費用を負担する方であること。
  • 本市の水道料金を滞納していない(水道管の所有者と使用者が異なる場合は、両者が滞納していない)こと。

補助金の額

*補助額が500万円を超える場合は、2ヵ年に分けて施工していただく場合があります。


注意事項


補助対象例(新設工事の場合)
補助対象例(新設工事の場合)
【給排水課 TEL:046-822-8622】