トップページお客さまへ給水工事(漏水修理工事)と排水設備工事 > 補助・助成制度について

ここから本文

補助・助成制度について


工事資金融資あっせん・利子補給


あっせんを受けることができる方

  • 建物の所有者か、所有者の同意を得た占有者(法人を除く。)。
  • 市税と下水道事業受益者負担金を滞納していないこと。
  • 金融機関が提携している信用保証会社の利用が義務付けられます。

あっせん額

  • くみ取り便所改造工事・・・便所1か所につき 60万円以内
  • 浄化槽廃止工事・・・浄化槽1基につき 60万円以内

返済回数

  • 融資月の翌月から36回以内

利子利率

  • 毎年、市と取扱金融機関とで決めます。

利子の支給

  • 金融機関へ支払った利子相当額を毎年4月にあなたの口座へ振り込みます。
  • 返済が遅れた月の利子相当額は支給されません。

申し込み

  • 希望する場合は、指定下水道工事店と工事の契約をするときにお申し出ください。
  • 書類(「融資あっせん申請書」、「利子補給金交付申請書等」)は指定下水道工事店に用意してあります。書類の内容は、あなた自身がよく確かめてから記入をしてください。

その他

  • 金融機関で借り入れ手続きをするときに、必要な書類(印鑑登録証明書、所得証明書など)がありますので事前に確認をしてください。

取扱金融機関

  • 神奈川銀行
  • 湘南信用金庫
  • かながわ信用金庫
  • よこすか葉山農業協同組合(横須賀市内の本、支店)

共同私設下水道新設・補修補助金


補助を受けることができる方

  • 現存する建築物の所有者又は使用者であること(法人を除く。)。
  • 市税と下水道事業受益者負担金(新設の場合)、下水道使用料(補修の場合)を滞納していないこと。

補助率

  • 共同部分の工事費の5分の4以内

ポンプ施設新設・補修補助金


補助を受けることができる方

  • 現存する建築物の所有者又は使用者であること(法人を除く。)。
  • 市税と下水道事業受益者負担金(新設の場合)、下水道使用料(補修の場合)を滞納していないこと。
  • 新設の場合は、平成12年度以降に供用開始された区域の物件所有者又は使用者。

補助率

  • ポンプ施設工事費の5分の4以内