トップページ事業者の皆さまへ > 内部通報制度を導入します。

ここから本文

内部通報制度を導入します。


内部通報ができる人は誰ですか?

  1. 局に勤務する正規職員、再任用職員、非常勤職員、臨時職員
  2. 局と請負契約その他の契約を締結している事業者の従業員
  3. 団体等から派遣されている行政実務研修員

どんな行為が通報できますか?

  1. 法令(条例、企業管理規程及び企業管理内規を含む。)に違反する行為又は違反するおそれのある行為の事実
  2. お客さま等の生命、身体、財産その他の利益を害し、又はこれらに対して重大な影響を及ぼすおそれのある行為の事実
  3. 公益に反し、又は公正な職務を損なうおそれのある行為の事実

どこに通報すればいいですか?

  1. 上下水道局コンプライアンス相談窓口
  2. ア 連絡先  専用電話 046-823-2156
           メールアドレス ws-naibu@city.yokosuka.kanagawa.jp
    イ 方法   書面(持参、郵送、電子メール)、又は口頭(電話、面談)
    
  3. 外部調査員 郷原総合コンプライアンス法律事務所 専門調査員 佐藤督
  4. ア 連絡先  〒106-0032 東京都港区六本木6丁目2番31号
           六本木ヒルズノースタワー9階  
           メールアドレス compliance@water.yokosuka.kanagawa.jp
    イ 方法   書面(郵送、電子メール)のみ
    

通報するにあたって注意すること

  1. 内部通報は、不正の利益を得る目的、他人に損害を与え、又は誹謗中傷を行う目的、公務の遂行を妨げる目的その他の不正の目的で行うことはできません。
  2. 内部通報は、私生活上の問題及び異動、処分等人事上の不平不満の解消のみを求めるものについて、行うことはできません。
  3. 内部通報は、実名により行わなければなりません。(客観的に事実が説明できる資料がある場合は、匿名でも通報できます。)

通報の結果は教えてもらえるの?


通報の流れ


通報の事例

 (事例1)
  職員○○から、セクハラを受けている。
 (事例2)
  職員○○は、設計金額を関係者に漏えいし、見返りを受け取っている。
  ※ 通報の対象者は、職員に限りますので、ご注意ください。

不利益な取り扱いの禁止


各種ダウンロード