トップページお客さまへ大切なおしらせ > 水道用石綿セメント管について

ここから本文

水道用石綿セメント管について

使用経過および現状


安全性について



平成17年7月13日付 厚生労働省健康局水道課 事務連絡(要約)

1.石綿セメント管を通過した水道水の健康影響


(1)平成4年(1992年)に改正した水道水質基準の検討時にアスベスト(石綿)の毒性を評価したが、アスベストは呼吸器からの吸入に比べ経口摂取に伴う毒性はきわめて小さく、また、水道水中のアスベストの存在量は問題となるレベルにないことから、水質基準の設定を行わない。

(2)世界保健機関(WHO)が策定・公表している飲料水水質ガイドラインにおいても、飲料水中のアスベストについては、“健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はないと結論できる。”としている。

今後の扱い


【水道管路課 TEL:046-823-0684】