トップページ横須賀市の上下水道事業 > 沿革 > 水道のあゆみ

ここから本文

水道のあゆみ

区分月日項目



明治6年(1873年) ?ヴェルニー、走水の湧水を横須賀造船所に引水する計画を立てる
明治9年(1876年) 12月走水?横須賀造船所間導水管布設工事完成(5インチ土管
明治35年(1902年) 12月走水水源地煉瓦造貯水池完成(海軍)
明治39年(1906年) 8月8インチ鋳鉄管を譲り受ける(横須賀町)
明治39年(1906年)12月水道布設認可を受ける(横須賀町)
明治40年(1907年) 2月市制施行により「横須賀市」となる
  明治41年(1908年) 6月覚栄寺(走水)裏山に貯水池完成(市営)
明治41年(1908年) 10月走水水源地鉄筋コンクリート造浄水池完成(海軍)
明治41年(1908年) 12月12月25日、若松町、大滝町、小川町に市営水道給水開始。使用者1,780人
明治45年(1912年) 2月海軍水道半原系統(中津川取水)建設工事着手
大正8年(1919年) 4月海軍水道走水系統(10インチ管)全施設借受ける
大正10年(1921年) 3月海軍水道半原系統完成
大正12年(1923年) 9月関東大震災により市水道及び海軍水道給水不能となる
昭和2年(1927年) 3月市営水道市内に広がる
昭和10年(1935年) 7月県営水道から分水を受ける
昭和17年(1942年) 2月海軍水道走水系統施設、海軍へ返還
昭和20年(1945年) 11月旧海軍水道有馬系統完成
昭和21年(1946年) 9月大蔵省に対し、旧海軍水道払下げ申請
昭和29年(1954年) 9月旧海軍水道施設を譲り受ける



昭和40年(1965年) 4月城山ダム完成、小雀系統通水開始
昭和44年(1969年) 5月神奈川県内広域水道企業団設立許可
昭和54年(1979年) 3月三保ダム完成
昭和54年(1979年) 4月震災対策事業着工
昭和54年(1979年) 7月有馬浄水場増強整備工事完成
昭和55年(1980年) 3月水道普及率ほぼ100%となる(99.95%)
昭和58年(1983年) 3月下町配水幹線完成
昭和61年(1986年) 7月3階建への直結給水を全国で始めて開始
昭和62年(1987年) 4月災害2輪調査隊(ブルトラ隊)発足
平成元年(1989年) 7月マッピングシステム稼動
平成7年(1995年) 1月神戸市へ応援給水(阪神・淡路大震災)
平成8年(1996年) 1月渇水対策本部設置
平成12年(2000年) 2月 走水水源地の以下の施設が国の登録有形文化財(建造物)に登録される
平成13年(2001年) 3月宮ヶ瀬ダム完成(宮ヶ瀬系統)
平成16年(2004年) 4月水道局と下水道部が統合し、上下水道局となる
平成16年(2004年) 10月新潟へ応援派遣(新潟県中越地震)
平成16年(2004年) 11月マスタープラン2010発表
平成17年(2005年) 7月 逸見浄水場の以下の施設が国の登録有形文化財(建造物)に登録される
平成18年(2006年) 2月水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)認定
平成19年(2007年) 4月半原系統休止
平成20年(2008年) 給水開始100周年。記念事業の実施
平成27年(2015年) 2月半原系統廃止